卒業生の声

成女学園で学んだ卒業生たちからのメッセージを紹介します。

1998年 卒業
2003年 成女学園専任教諭
現在    大阪体育大学准教授・東京学芸大学非常勤講師
「夢」は出会いや経験により、驚くような展開で拓けることがあります。成女学園の中学・高校で学んだ私は、女子栄養大学に進学し、外食関連企業に就職しました。「人を育て、ともに育つ」ことの重要性に気づき、家庭科教諭として再び成女へ。教えるなかで「学び」への想いが高まり、教師を続けながら東京学芸大学大学院修士・博士課程に進学し、勉学・研究に励みました。そして、再び成女を「卒業」し、大阪体育大学で教育・研究(専門は特別支援教育)にあたっています。
在学中はもちろん、卒業後も温かな眼差しで見守り、励まして下さる先生方との出会いを幸せに思います。一人ひとりの踏ん張りや挑戦、迷いや悩みに「伴走」して下さる先生方、ともに学び、育ちあう仲間との学校生活は成女ならでは。「卒業生」として誇りに思います。
A.T

A.T

2008年 卒業
2014年 横浜国立大学大学院 教育学研究科 修士課程 修了
現在    県立高校勤務
「成女に進学してよかった」。卒業して数年が経つ現在も、私はそう思っています。成女では、先生方が生徒一人ひとりに目を向けてくださるので、自分の長所や得意なことを伸ばしながら、短所や苦手な部分を補うことができます。また、先生方の言葉から、これまで気付かなかった自分の長所や短所を見つけることができました。先生方の姿を見て、私は、教員になりたいという夢を抱き、現在の職に就きました。成女で過ごした3年間は本当に貴重な時間だったと感じています。
K.K

K.K

2010年 卒業
2014年 日本大学生産工学部創生デザイン学科 卒業
現在    大手生命保険会社 勤務

成女は、親しみやすいアットホームな学校でした。勉強面でも、すぐに先生に質問をすることができ、細かいところまで親身になってご指導していただきました。
大学では、金属加工を専門とする先生のもとで、材質の特性を研究し、指輪などのアクセサリー制作を実習形式で学びました。頭の中でイメージしていたものを実用できるようにする喜びややりがいを感じました。将来的には、独自のブランドを立ち上げることを目標にしています。現在はそれにむけて必要な知識やスキルを身に付ける勉強をしながら、企業の営業職に就き、充実した日々を送っています。

A.S

A.S

2011年 卒業
2015年 東洋大学国際地域学部国際地域学科 卒業
現在    ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座 受講

学校生活で印象に残っているのは、生徒会活動です。私は体育幹事を務めました。行事の運営のほかに、独自の取り組みとしてペットボトルキャップを回収し、それをもとに発展途上国の子供たちにワクチンを届けられるプロジェクトへの参加を提案しました。周りの方々の協力で、無事目標を達成することができ、この活動は高校生新聞でも表彰していただきました。素晴らしい思い出になっています。
大学進学を目指すにあたっては、先生方が親身になって出願書類の添削・指導をしてくださり、本当に感謝しています。そのおかげで、志望していた大学へ進学することができました。大学では国際関係について学び、地域コミュニティの開発を研究するため、タイでの海外研修に参加しました。現地のブラパー大学の学生たちと交流し、そこで日本文化を紹介する機会があり、その経験から、外国の方に日本語を教える日本語教師の仕事に興味を抱くようになりました。現在は、その夢の実現にむけて勉強に励む毎日です。将来は、海外へ渡り、現地の学生たちにむけて日本語や日本文化の美しさを伝えていきたいです。

A.S

A.S

2014年 卒業
現在    東海大学文学部歴史学科4年 在籍

成女には、親の勧めもあって入学しました。当初、都立高校への進学を希望していましたが、結果的に成女で高校生活を送ることができて良かったと思っています。
思い出に残っているのは、部活動です。バトン部に所属し、練習に打ち込みました。ワンスピンが成功したときは、とても嬉しかったです。また、友人たちと過ごした日々も楽しくて、今でも当時を振り返っては、元気をもらっています。
大学では、考古学を学んでいます。また司書の資格や教員免許の取得も目指しています。

将来は、出版関係の仕事に就きたいと考えています。そのために、他者の話を微妙なニュアンスまでしっかりと聞きとり、こまめにメモすることを心がけています。
K.N

K.N

2016年 卒業
現在    学習院女子大学国際文化交流学部日本文化学科2年 在籍

私は中学までの経験から、アットホームな雰囲気の学校が自分に向いていると感じ、成女への進学を決めました。
成女では、勉強や課外活動において自分に合った目標を設定することができ、常に先を見据えた学校生活を過ごすことができました。
勉強においては、先生へ質問に伺うと理解するまで丁寧に教えてくださり、授業に置いていかれるということもありませんでした。その理解が成績に繋がったことで自信がつき、学習態度も前向きになったと感じています。
また、先生方には、学校生活や進路について相談にのっていただきました。先生方にかけていただいた言葉や時間などのすべてが、今の私に繋がっています。

成女では共に歩んでくれる先生方にも恵まれました。そして、大切な友人たちや恩師と呼べる先生に出会えたことも、私にとって大きな財産であると感じています。
H.S

H.S

成女学園〒162-0067 東京都新宿区富久町7-30
TEL:03-3351-2330・6978 FAX:03-5379-8970
Copyright(c) 2010 SEIJO GAKUEN EST All Rights Reserved.

↑このページのトップへ戻る